木工機械・道具の最近のブログ記事

210820.jpgテーブルにボール盤や研磨機を乗せ見た、天板は高さを870mmにしてぐっと高くしました。

木工刃物の研磨は外にお願いしていたのですが岡山に来て勝手が違うので最近はDIYしています。

腰が曲がる前かがみの姿勢は腰に負担が大きいのでこれだと研磨作業も楽になると思いテーブルを作りました。

キャスターはウレタン車を使いましたが思ったより動きがスムーズで良かったです、やっぱり重いものには硬いウレタン車のほうがいいです。

刃物研磨機完成

2020-06-162.jpg

 研磨機の組立ては半日で完成しました。

色はアイボリー明るい色にしました・・・動きもスムーズになり研磨もできそうです。

今度は専用台を作ろうと考えていますが・・・しばらく休憩です。

研磨を自分でやるつもりですが・・それには鉄工の知識も勉強する必要があります。

刃物研磨機の組立て

2020-06-16.jpg

追加の2液性ウレタンを昨日塗って置きました。

今日は続きの組立てをしました。

 

 

2020-06-12.jpg

天気になったら塗装をしようと先日買った中古の研磨機ですが雨の日がずっと続きそうなので朝、塗装をしました。

ところがスプレーの内容量が見た目より少なく、2回塗りの途中で空っぽになってしまった。

十分に余ると判断していたが・・・中身が少なすぎます。

2液性ウレタンは本来は完全硬化後の重ね塗りはご法度ですが仕方がないので急遽追加注文をしたが・・・

どうかな???

続・研磨機

2020-06-05.jpg

 昨日分解掃除を試みましたが・・・・思った以上に固着がひどく徹底的な分解となりました。

油が塗料のように固まっていいて洗っても洗ってもなかなか綺麗になりません。

大分綺麗になりましたがもう少し綺麗にしたい。

苛性ソーダを使って固まった油を溶かしたが塗装もイカれたのでついでの塗装もやり変えることにしました。

今朝2液性のウレタンスプレーを注文しておいた。

完成は一週間後かな????

エンドミル研磨機

2020-06-04.jpg

 飯田工業所のエンドミル研磨機をヤフオクで落札しました。

岡山に引っ越してきて木工用の刃物研磨で困っています。

大阪時代はどこにでも研磨をしてくれる業者がいて困らなかった、品質も良かった。

最近は刃物の研ぎが思うように行かない。

カンナの刃は砥石で研げるがルーター・丸のこ・・・などはそうも行かない。

そこで思い切ってDIYに挑戦することにしました。

そこで目に止まったのがこの研磨機です、最初は形状からどのように使うのか???わかりませんでしたが何度も見ているうちに見えてきました。

木工は本業ですので問題ありませんが木工の加工機は全てが鉄工なのです。

鉄工は不勉強でしたが旋盤やフライス盤などを見ている内に大分と勉強が進みましたので今回の購入となりました。

落札価格は¥65000+送料¥10000=約¥75000でゲットしました、新品だと¥700000ぐらいする代物。

コロナ給付金が消えた

2020-05-142.jpg

壊れたコンプレッサーの代わりに手配したコンピレッサーが今朝の9;00頃到着しました。

中古ですが程度の良いもので新古品と言っていました。

壊れたコンプレッサーに比べて音はうるさいですが機械が単純なのでメンテもしやすそうです。

早速、試運転して昼から制作作業に取り掛かります。

 

2020-05-12.jpg

 先週の土曜日に木工作業中に突然コンプレッサーが動かなくなりました。

その後、土日は分解・掃除・修理を試みたけれどギブアップ・・・・

朝一番に岡山市内の修理業者にTELして症状を話すと約修理に10万+点検整備に15万=合計25万程度見てくださいと言われた?????

このコンプレッサーは大阪で5年ほど前に中古で¥15万程度で購入したもので25万も修理にかける気にもなれず頭を抱えてしまった。

それにしても日本のコンプレッサーメンテはお金がかかるな・・取りすぎやろ

急ぎ新品・中古・中華製コンプレッサーを物色して中古の東芝製のレシプロの5馬力のものをヤフオクで落札しました。

木曜日に持ってきていただけるそうです。

次の制作予定もあるのであまり時間もかけれない事情もあります。

壊れたコンプレッサーはスクロールコンプレッサーと言って特に音が静かなタイプで気に入っていいたのですが・・・・今回のレシプロのコンプレッサーはドライヤーも付いていません。

でも構造が単純なのでDIYのメンテでも行けそうと考えあえてアナログにしました。

DIYで防音箱を作る必要はあると思う。

とりあえずコンプレッサーの手配はできましたので一安心

予定していた家具製作はなんとか再開できそうです。

2019-05-18jpg.jpg

 面取り機のベアリングは下部のΦ37mmのベアリングは入荷しましたが首に当たるΦ42mmがまだ入ってきていないので先週の土曜日に下のベアリングだけ交換して分解掃除した面取り機を一旦組み立て直しました。

その時に今度ベアリンク交換の時のために画像と交換に関する情報をまとめて書面(PDF)のまとめておきました。

最近はスッカリ忘れてしまうこともあるので念の為。

上部のべリングは交換できなかったけれど回転はずいぶん良くなりました。

2019-05-16.jpg

 以前から面取り機の微妙な軸ブレが気になっていた。

昨日の定休日に鳥取へ行ったついでに工具屋さんによってベアリングプーラーを買ってきてましのでオーバーホールすることにしました。

思った通り上下にベアリングが付いていて軸を分解するのに手間取りましたが分解は出来ました。

モノタロウでベアリングを注文していたが入荷までには少し日にちがかかります。

この機械のメーカーも今はもうありません。

600mmノギス

2019-04-11.jpg

 定休日の昨日は鳥取の岩美に夕食の食材を買いにでかけました。

途中、昼食に立ち寄った回転寿司屋の近くのリサイクルショップで60cmの大きな中古のノギスをみつた。

値段は¥7800で見るとミツトヨ製だったので買ってみることにしました。

30cmのノギスはあるのでがそれ以上は直尺かメージャーでは買っていますが・・・ノギスだとより測りやすかと思いました。

何よりそんは大きなノギスはあまり見たことが無かったので興味が惹かれたのが一番の理由で・・・必要性はと聞かれると????どうかわかりません。

直尺でも感覚でおおよその0.1mmは出せますが、ノギスだとそれがはっきりします。

ミツトヨ製は200mmを一本持っていますが・・その信頼性はやっぱり一番です。

2018-10-25.jpg

 岡山に引っ越しきてから車のメンテをするようになりました。

オイル交換・冬用タイヤの交換・・・リフォームに力が入りやすいソケットレンチは欠かせなくなっています。

ソケットレンチは持っていましたが・・工作機械のメンテにはスパナで十分なのでソケットレンチは必要なものだけその都度買って使っていましたが・・・・レンチのサイズも飛び飛びで完全に揃っていません。

その都度サイズを物色するのですが・・あちこちにばらばらで目的のものにたどり着くの時間がかかったりと・・何かに不便を感じていました。

そこでモノタロウで65個揃ってケース入りのモノを買いました。

パーツを全部揃えれば馬鹿高い金額になる。

15%OFFを狙って¥8500ほどでゲットしました。

これからは探す手間が減りそうです。

インパクトが壊れた

2018-09-14.jpg

使っていいたインパクトドライバーが壊れました。(後ろのデカイほうです)

これがないと仕事になりません。

そこで本体だけ購入しました。

6年前に買ったときよりずいぶん安くなっていました。

新しいものは小さくて性能が良さそうです。

今日は雨です。

958日目の岡山 鉋

2018-03-15.jpg

 先日、車をユーザー車検をやりに岡山市内の方へ出掛けたついでに、寄り道をして中古の道具を扱うお店に行ってみました。

買いたいものには出くわさなかったのですが・・・BKSと書かれた鉋が¥680で売られていました、サビは少しあるものの中古で無く、新古品でしたので一丁買いました。

ボロい箱ですが・・・箱入りの鉋は持っていません。

箱には「最高級品」としてあるけど・・・ほんまかいな???

でも、もしかしたら・・いい鉋かもしれません。

この手の鉋・ノミ・手ノコ・・などはありますが・・・私の持っている物は・・みんな安物です。

最近は刃物研ぎも上手くなってきたので綺麗に研ぐ自身はあります。

それにしても今日は仕事をしていても暑いな~・・・また、暑い夏もやってくるのですね。

2018-02-16.jpg

二週間ほど前にネットで注文しておいた三菱のサーボーモーターが届きました。

ちゃんとした物が届くか???心配していたが、無事モーターは届き取り扱っている会社もまともな会社でした。

手前の赤いキャップがついているのが届いたものです。

早速、取り替えることにしました。

サーボーモーターはサーボアンプと位置決めユニットの3つでNC定規をコントロールしています。

故障した時は何が何やら「チンプンカンプン」で、大阪の時なら機械設備業者を呼んで修理を依頼するしか、手立てがなく・・・きっとそうしていました。

しかし、修理を依頼は出来るのだが・・・大阪から来てもらったりしていると修理代も50、60万と跳ね上がる。

中古の機械が買える値段になることが多い。

そこで自分で何とかしようと試みて・・・注意深く故障の箇所を追い詰めて行きました。

たどり着いたのが・・サーボーモーターかサーボーアンプのどちらかで、私はサーボーモーターがどうも臭いと睨んでモーターを注文したのですが・・・・

結果・・・・大正解でした。

奥さんと二人で飛び上がって喜びました。

やってみれば・・・「出来るもんですね」

2018-02-03.jpg

パネルソーの自動定規がエラーで使えなくなった。

どうも自己診断によるとサーボーモーターの故障だと思うが・・・

パネルソーのメーカーは廃業しているので部品メーカーに問合せたところ・・生産中止・サポート中止で修理もできないそうです。

ネットで調べたところ・・中国製だが生産中止の同じ製品が販売されていました。

選択肢が他に無いため・・エイ・ヤーと・・勢いで注文したが・・リードタイムが2週間ほどかかるそうです。

価格も¥125000と通常の3倍近い値段です。

それにしても、このパネルソーは引越してきてから故障続きです、前回は液晶パネルだった。

サーボモーターが来たら交換しますが・・・サーボモーターが原因だったら良いのですが、素人診断なので不安は残ります。

それまでは手動で0.1mmの切り分けをやらなければなりません。

面倒だな~

2017-02-1603.jpg

接着乾燥していたパネルソーの材料押さえができていたので早速取付けてみました。

コレでパネルソーは完璧に修理完了です。

大阪の時より使い心地は上がりました。

前にも話しましたが・・・岡山に来てから機械の故障が多くなっていますが、その反面、都度修理して以前より、良くなっているように思います。

大阪ではサボっていた油差しも良くするようになりました。

 

2017-02-16.jpg

今日は定休日ですが、

昨日、モノタロウで注文しておいたウレタンゴムと専用接着剤が届いたので修理しました。

写真はその剥がれた箇所にウレタンゴムを接着しているところです。

この接着がいい加減だと、またすぐに剥がれるので念入りに作業をしました。

この問題は大阪にいた時からですが、カットには影響が無いので放置していましたが、今回の故障で同時に修理することにしました。

接着には1日かかるので放置して外出することにしました。

2017-02-14.jpg

先週、修理に出していたパネルソーの液晶が修理を終えて帰ってきました。

修理代は約¥30000でした。

その液晶をNCパネルソーの操作盤に組み込んでいるところの画像です。

故障は液晶のバックライトが点かないだけでしたので、取り替えただけで修理はあっけなく完了しました。

ついでに操作盤の配置も私ように位置を30cm程上げました。

加えてパネルソーの材料押さえのゴムが一部剥がれて、問題があったので、これも修理しようと材料押さえを取り外して修理にかかったが、取り換え用のウレタンゴムが近くのホームセンターで見つからず。

やむなくネット(モノタロウ)で購入しました。

ゴムが到着するのは明日の予定です。

明日、修理の再開をします。

001.jpg

パネルソーの液晶のバックライトが点かない。

このパネルソンーのメーカーは廃業しているので液晶部品メーカーをネットで調べて、修理の依頼をお願いすることにしたが1週間程度修理日数がいるらしい。

液晶を取り外してメーカーに送ることにしました。

岡山に引っ越してきてから機械のトラブルが多いのです。

もう10件以上でています。

年数も経っているので仕方ないかなーとも思います。

これまで何とか自力で故障を乗り越えてきていますがNC系の故障は自力では限界もあるのでヒヤヒヤします。

まだまだ頑張ってもらわなくてはなりません。

IMG_0278.jpg

大阪の時は刃物は全て専門の業者に依頼して研いで貰っていました。

津山に来て、地元の業者にお願いしましたが、時間がかかるのと、わずかな研磨で・・・頼みにくい。

そこで自分で出来る研磨は極力自分でやろう考えました。

砥石は平らな面が湾曲しやすいのでダイヤモンド砥石をかったのですが・・5cm(手前の四角)と小さく磨きづらかった。

ネットだと大きさがよく分かりませんね。

でも、なんとか研磨は出来たようです。

次回買う時は大きさに注意することにします。

IMG_0257.jpg

今日は朝から風呂に入ろうと思ったのですが水がでません。

「しまった!」昨日の夜水道のチョロ出しを忘れていました。

寒波で水道全滅です。

ヤカンにお湯を沸かして雪に降る中、外の配管にかけたのですが・・・・完全復旧には11時頃までかかりました。

やれやれ!!

話は変わって・・・去年12月に購入したメタルバークランプを追加購入しました。

その後の使い勝手はと言いますと・・・・しっかり締めれてとても良いのです。

特にバネで仮締めできるので位置合わせが楽です。

写真は締付けでなく枠組み外ししているところです。

今回は60cm用を2本買いました。

IMG_0224.jpg

 今日はクリスマスイブです。

今年、年内の製品出荷は今日が最終日です。

先日アマゾンで購入したバークランプが本日届きました。

手前の黑いのではなく奥のシルバーの物がそれです。

スケール等を作ってるKDSムラテックという会社が出している日本製です。

まだ本格的に使っていませんがチョット試したところ・・・・・とても良いです。

閉まる力も以前ホームセンターで購入したものとは別物です。

これまで値段が高いので敬遠していたが・・・・今回の大工仕事ではホームセンターで買ったものは少し力不足を感じていたので試しに買ってみました。

大正解です。

使用感はまた後日報告します。

忙しかったが年内の家具製作は粗方片付きました。

今日は大工になって、やり残している水回りの内装を前倒しすることにします。

この正月で内装とキャラバンの車中泊用のフロアーベッドを作るつもりです。

_IGP4058.jpg

 昨日モノタローで買ったノギスが届いた。

写真はこれまで使ってる100mmと今回購入した300mmのノギスです。

モノタローでは毎日メールでセール品の案内が来る20%OFFだったので、ついつい買ってしまいました。

中国製のノギスも信頼できるレベルに来ている。

¥7250税込みなので腹の立たない製品です。

通常は100mmの物を使うのですが300mmはパネルソーNC定規のカット精度を測り機械の精度の微調整ために使います。

前からあればいいな・・・と思っていましたが0.1mm程度なら無くても調整出来ていたので良しとしていた。

他のメーカーなら2,3万するのですが、安かった。

_IGP3440.jpg

 使っていたノギスのガラス部分が割れて使えなくなったのでモノタローで安物の100mmノギスを買いました。

2・3年前だと、この手のノギスは精度が悪く、使い物にならないのがほとんどだったけれど・・・・

モノタローでレビューを見て試しに買ってみました。

コレが精度も使いやすさもグットです。

144日目の岡山 iPad

_IGP3225.jpg

NC機械の調子がまた悪い。

沢山結線されている装置を取り外して、同じ結線をするのですがipadが大活躍です。

ipadだとハッキリ写った画像を見ながら結線できます。

思わぬところで役に立った。

_IGP3031.jpg

NC機械の部品が朝一番で到着しました。

早速、部品を交換して・・無事修理完了です。

ストップしていたキッチン収納庫の製作を再開しました。

良かった、良かった。

 

_IGP3028.jpg

 朝から昨日の続きで故障の箇所の検証をした。

メーカーの言うジャックの抜き差しでは解決にいたらずomron製の部品の交換をすることになった。

丁度良いことに、先日来てもらった地元の機械やさんを通して部品の調達をすることになりました。

交換は私がやることにして部品は直送してもらった

部品代は¥45000・・・・思わぬ出費です。

パソコン側のファンも回らなくなってるので導通を調べるためにテスターをホームセンターで買ってきた。

NCの機械はアナログ機と違って、故障するとまったくお手上げなのです。

明日、部品の到着を待って再度、機械修理をします。

この機械が止まると製作作業が全て動きません。

早く、直って下さい。

_IGP3024.jpg

NCボーリングマシンの電源が入らなくなった・・

大変な事になりました。

メーカーに連絡したところ一つの部品が怪しいことが判明

「コネクタージャックを抜き差しして試してくれ」との事で機械の前面とコンピュータ側のカバーを取り外したが・・・・

暗くなってきたので明日やることにした。

一難去って、また一難

なんか、お祓いしてもろたほうが良いのかも??

_IGP2731.jpg

本棚ばかりの製作が続いたのでアーテンドルフ(横切り盤)の出番はありませんでしたが、出番が来たのでレベル出しと精度調整を朝早くからやりました。

この横切りもパネルソーと同じで精度調整には時間がかかります。

大阪と違ってスペースが狭く、長方形なので、やむおえず壁際にセッテイングしました。

作業場は全体的にはグチャグチャですが家具製作は問題なく出来ています。

早く整理・整頓された作業場にしたいのですが、まだしばらくかかりそうです。

 

_IGP2635.jpg

今日は久しぶりに晴れです。

朝から本棚作りです、大きな本棚はコレで岡山5点目です。

大阪の製作状況に比べると70%ぐらいかな??、日を追って上がってきています。

100%になるにはもう少し時間が必要ですが120%目指して日々努力しています。

今日は風が心地よく吹いています。

画像はパネルソーの微調整です。

すでに1/10mm調整済みで合格ラインはクリアーしていますが更に1/100mm調整の完璧を目指して毎日微調整を繰り返しています。

木材なんでそこまでしなくても良いと言えばそうなんですが

コレが精度が出ていると仕事が楽なんです。

16日目の岡山

_IGP2684.jpg

なんとか納得の出来るカット精度までこぎつけたので製作作業を再開。

世間はお盆休みのようでが・・・

私はそれどころではありません。

大阪方面の配達残しが3件あるのでコレの納品が済まないとお盆は来ません。

頑張るぞ!オッ!オー

気温は暑いですが引っ越し当初の様な暑さではありません。

15日目の岡山

_IGP2663.jpg

 12日から製作作業に入っておりますがパネルソーの精度調整に手間取って作業の進行が思うように進みません。

カットしては調整するを繰り返して言います。

岡山に移設時に一度分解しており、その接合に問題があり機械全体に歪みを生じさせるストレスが掛かっている。

そのストレスを取るにはカットを繰り返しやっては精度を確かめて、何処に歪のストレスを探り出し強引な力のかかった部分をフリーに持ってい行くのですが・・・・口で言うほど簡単ではありません。

コレを組み立てた機械やさんは何度もやっているので安心していたが・・・・どうも疲れからか設置精度はかなり問題のある状態になっていた。

パネルソーのカット調整は難しいのです、私も何度もやっておりますが今回ほど手間取ったことは初めてです。

今日はパネルソー全体の歪を一からやり直しています。

このパネルソーのカット精度が製品精度の決め手なのです。

コレがいい加減だと製品精度やその後の加工速度がとても落ちてしまいます。

「よっしゃ!出来た。」と思ったらやり直しを繰り返すと・・・精神的にこたえるのです。

ココは精度を出すために根気強くガンバリます。

_IGP2333.jpg

去年に大型のコンプレッサーを処分してからレシプロ5馬力のコンプレッサーだけで工作機械を動かしてきましたが・・・・昨日突然壊れました。

修理を試みましたが、作業が追われているため時間がありません。

幸い以前にヤフオクで買ったスクロールコンプレッサーがあったので、結線して接続しました。

スクロール式なので音は静かです。

コレまでのモノより上等です。

岡山引っ越し後に使うつもりでしたが、思わぬところで役に立ちました。

レシプロソー

IMGP1368.jpg

 マキタ18V充電式のレシプロソーです。

丸のこを買ったついでに、レシプロソーも買いました。

コレは岡山の内装家具の解体用に、便利かなと思っています。

使用した感想は・・

まだ解体用に使っていませんが、少しウォルナットの材料をカットしてみましたがストロークが毎分3000では少ないのではと感じました。

来週の水曜日(定休日)に岡山に行く予定をしていますので、解体用に使って見たいと思います。

内装の家具解体にも使いますが、壁のハツリ時の鉄筋の際切りにも使いたいと考えています。

本当の使用感想は、その後になりますが、また書くことにします。

充電式丸のこ

IMGP1367.jpg

マキタの充電式丸ノコ165mmです。

バッテリー18Vはインパクトドライバーと共通なので本体のみ購入しました。

久々にウォルナットの机2台とキャビネット2台大口のご注文を年末の頂きました。

正月早々、他の家具を作る事に平行して横接ぎ板の作成に掛かっておりますが・・・・木取りが難しく、まだ全部出来ていません。

そこでコレを買いました。

100Vの丸のこは有りましたが故障で修理も無理なので・・・ほったらかしていました。

まッ無くても横切り盤で間に合うことが多いのですが・・・ウォルナット等の複雑な木取りにはコレのほうが仕事がはかどる。

岡山の改装にも役に立つと考え、この際思い切って買うことにしました。

使った見た感想

エエわ!切れも十分、音も小さい、なんといってもコードが無いので取り回しが楽です。

IMGP1353.jpg

 年末にヤフオクでコンプレッサーを落札しました。

今日が引取日なので朝早く西宮の鳴尾浜まで行ってきました。

軽トラの荷台に乗っているのがそれです。

コンプレッサーの空気圧縮方法は様々です。

1,レシプロ(ピストン圧縮)音うるさい

2,スクリュウー(ネジ回転圧縮)

3,ロータリー

4,スクロール

などがあります。

5馬力のスクロール式コンプレッサーです、特徴は低振動、低騒音です。

岡山では田舎なのですが隣近所があります、騒音に配慮して最も音の静かなモノを選びました。

けっこう良いモノを買うことが出来ました。

腰ベルト

 

IMGP0285.jpg

作業中、ノギスは???メージャは???と探しまわらないで済むように、よく使う道具は腰にいつもぶら下げています。

 

中身は

メージャー

計算機

5mmの六角レンチ

ノギス

墨付けシャープ

マジック

チョーク

カッターナイフ

集じん機のリモコン

そして手袋

コレみんな頻繁に使う必需品です。

最近手袋を買いました。通気性も有り重宝しています。

 

_IGP0269.jpg

先日、伊丹市に納品があり、帰りにスーパービバホームセンターに立ち寄った。

 

茨木市周辺にはあいにくありません。

以前どこかの帰りに立ち寄り、その時印象は品揃えがなかなか良いと思った

でもじっくり見れなかったので今回行くことになりました。

その時、買った150mmのノギス

スーパービバホームセンターのPB(プライベートブランド)です。

他のホームセンターのPBは安いばっかりで、まったく信頼していませんが、(コーナンは特にひどい)スーパービバホームのPBは割りと信頼できる。

しかしノギスは・・・どうかな???疑い半分で購入してみた。

コレがけっこういい、シンワのノギスより良いみたい。

目盛りもくっきり出てるし、フレームのタワミや誤差もほとんど無く、0.01mmは信頼できる。

オールステンレスでデジタル部分も金属製

いい買いもん出来ました。

機械のレベル調整

 

_IGP0097.jpg

今回、自作集じん機の配置にともない、大きな機械4台のレイアウトを変えた。

 

そのことで全ての木工機のレベル出しと調整が必要となりました。

コレは時間がかかる作業ですが今回は一日で4台完了しました。

前は1台でほぼ1日かかっていいたことを思うと・・要領が上手くなったと思います。

画像はパネルソーの直角だしで大きなMDF2枚を重ねてキリ、カット面を合わせるとズレが見えてくる。

今度の調整は今までの調整に比べ、更に精度が上がった。

そのせいか、どうかはわかりませんが、ココのところの製作速度が、グッと上がったような気がします。

やっぱり機械のレベル出しと精度調整は重要です。

ガレージ工房

家具の作り方なんて人様々です、特にオーダー家具の世界では日曜大工から職業成した人や建築系から参入した人ありで、俗にいう「ガレージ工房」等、その作り方は千差万別です。

えっ!こんな作り方してんの!

専門でやっていると、ついつい固定概念に縛られている事に気づかないでいることも多い。

そんな時、素人的な作り方に出会うと、感心することも、無茶だな~と感じることもあります。

コレまでで一番関心したのは天板等のパイプクランプでの横接ぎです。

私はそれまで自作の油圧プレスの横接ぎ機を使っていました。

コレはフィンランドの集成材工場で集成材を作る工程を見て作ったもので、水性ウレタンビニル接着材を使い一方センチに7kg以上の均一な力がかかるようにすることで失敗の無い横接ぎを作るためでした。

しかし、沢山の横接ぎを作る場合はいいのですが1枚だけならパイプクランプとタイトボンドで十分と判断して、それからは横接ぎはパイプクランプでやっています。

クランプの横接ぎなんて・・・とバカにしていましたが、この件以来ガレージ工房に学ぶことが多くなりました。

今やってる自作集じん機は機械も専門の業者任せにすること無く、機械も工場そのものも手作りしている感じがします。

コレも「ガレージ工房」的な発想です。

大きな工作機械も手のひらの中にすっぽり収まるような気がして、なんだか楽しくなります。

木工関係のアメリカのサイトを見ていて気付いたのですが、やはりネットの販売レベルはかなり高い。

正直言ってアメリカは個人的にはあまり好きでない。

そこで気づいたことですが動画とテキストを上手く使ってる

アメリカのマネはあまり気が進みませんが、HPのスイッチで使ってるロールオーバー画像をテキストのロールオーバーに変えてみたhttp://www.oneall.co.jp

まだダサさはあるが少しましになったと思います。

テキストのロールオーバーはCSSだけでやってみた、やり方はヒミツです。

それにしてもアメリカのサイトは個人工房向け工作機器をたくさんの種類を安く提供している、外国への販売にも対応してるみたい、品質もかなりいいのには驚く。

日本の木工事情もこれからは大きく変わると思う。

なんだか 面白くなりそうな予感?????

 

_IGP7925.jpg

デジタルノギスはもちろん知っていましたが、今まで頑固にアナログを通して来ました。

前から小さいノギスが欲しかったのです。

ついにデジタルノギス買ってしまったのでゲス。

もちろん日本製????

ホンマかな????

これはシンワのノギス¥3400

形だけノギスの中国製は安いだけで使い物になりません。

このノギスなら0.1mmは信用できる。

0.05mmも信頼できる。

0.01mmは????

はさむ部分の板厚がもう少しあったほうがいいな。

まっ!その分軽いけど・・・

金ニス

 

IMGP7930.jpg

組立の定盤をサビ落としをして、その後金ニスでコーティングしました。

 

金ニスはシンナーでは溶けないため、定盤をシンナーで拭いてもOK

これで上手く行けば良いのだが?????

何せ、うちでは最も仕事を良くしてくれるテーブルですので・・・・・

 

定盤の錆び

_IGP7921.jpg

毎年この時期になると、組立定盤のサビに困ります。

定盤とは1/1000mmの精度で削りだした鉄の板です。

梅雨になると空気中の水分が上がって定盤に降り注ぎます、毎日手入れをしていればいいのですが、何分にも無精な性分でついつい怠けてると、こんな状態になります。

酸性の強いタイトボンドを良く使ったので今年は特にひどい。
 
  

 R0017579.jpg

 この写真は、去年の同じ時期に油引き直後の写真です。

今年は油引きせずに金ニスでコーティングしようと思います。

IMGP5652.jpg

マキタ4モードインパクトドライバー18V買いました。(小さいのは10.8V)

家具作りでは、こんないいものは必要ないけど・・・・

ホームセンターの安物で十分と言えば十分。

この前の什器の組立に約5000本のネジを2日で打ち込んだ、これまでのインパクトは電池があえなくダウン。

最近は大工仕事も要求うされることが多くなってる。

どうも、お客さん的には大工も家具屋も同じに見えてるみたい。

まっ!なんでもやれることに越したことはないしな・・・・・

そこで、いろいろ迷ったけど今回は思い切って¥46,000出すことに・・・・なり申した。

ネジ締め†鉄もコンクリートも穴あけも出きる優れもの、これで何処にでも吊り戸棚が施工出きる。

それにしても最近のリチュウムイオン電池は持ちもいいし、何よりあまり放電しないのでいい。

ここ数年でインパクトは劇的に進化しているようです。

 

_IGP5275.jpg

ヤスリとヤスリ入れをネットで買いました。

 

このヤスリ、ペーパー掛けがイランくらい綺麗に削れるとHP掲載されていた。

ヤスリしか無いそっけないHPやけど説明は丁寧に十分している。

中身で勝負と言ったとこが好感持てる。

特別に刃先を鋭く加工して、今までにない削りを可能にした技術に惚れ込みました。

ただ、超アナログなのか何日に発送するとか出荷してもなんの連絡もない、荷物は3日後いきなり到着した。

ヤスリの取っ手もついてない、チョットぶっきらぼうとも思うが、物売りでないモノ作りの姿勢を感じる。

いい物を提供してくれてるので、まッ!いいか!

ウチでは箱のコーナーの目地払いやノコ目落としに使おうと考えてる。

使い勝手はまた後日。

アサリ無しのノコ

_IGP5206.jpg

アサリと言っても食べるアサリじゃありません。

ギザギザのノコギリの歯は交互に右、左と微妙に傾斜している、これをアサリと呼びます。

このノコはそのアサリをなくしているのでダボやキワ切りの時に接触している面を傷付けません。

最近ネットで買いました。

一つでいいのにどっちにしようかと迷ってるうちに2つとも買うことになりました。

細かい部分のカットには重宝します。

コテのようなノコは大西工業コテのこ、もう一つは玉島産業レザーソー、どっちもいい感じで切れる

私はどちらかと言えば両刃の方が使いやすかった。

こうしたノコは木工をする上で必需品とも思うが、近くのホームセンターには置いていません。

盆休みもそろそろ終わりみたい・・・
自分はと言うと・・・仕事、仕事の毎日・・

涼しくなったら休みもらおかな????

話はグッと変わって

アメリカ製のタイトボンド†は酸性が強いため板の横接ぎをしたら、パイプは錆だらけになってしまった。

そこでメッキでもと考えた。

実は私の実家はメッキ屋です。

兄に頼んで亜鉛メッキしてもらった

亜鉛も酸に弱いので上からニスを塗ることにした。

_IGP5047.jpg

 この着色ニスはシンナーで拭いても剥がれない、メタノール以外では溶けないのでいい

良かったら組立定盤にも後で塗ろうと思う

クランプを取り付けて完成

_IGP5052.jpg

 端材でクランプ掛けを作った。

このクランプはポニークランプと比べるとチョット安いが受け側の精度が悪く0.5mm位半丸ヤスリで内径を削ら無いといけないものが半分くらいはある。

圧力面も歪んでる奴多い。

その他は問題は無いので、それぐらいは勘弁しとこかな。

安いしなー

 

 

R0017579.jpg

今年も梅雨に入ったのでテーブルプレスに油を塗っていおいた。

 

このテーブルは特注で作ってもらったけど横接ぎから組立て・・・・等、実によく働いてくれる。

梅雨になると定盤がサビを出してくるので油をなじませて錆びないように心がけてる。

 

MT42BlogBetaInner

----作者紹介----


三谷 正昭
1953年3月大阪生まれ
-職業-
本棚、家具等の デザインと製作販売
㈱ONE&ALL代表
-好きなこと-
魚釣り、歩くこと、サイクリング、 仕事
-得意なこと-
壁面にピッタリの本棚やキャビネット作り
-ごあいさつ-
家具作り・身近な出来事を通して「ふっ!]と感じたことを勝手気ままに綴っています。

2021年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
『岡山移転から